幸和義肢研究所【製品とサービス>レンタル・他】
幸和義肢研究所/義肢装具(義足,義手)・車いす・補聴器等の製作販売/茨城県つくば市(筑波研究学園都市)サイトマップ・ヘルプ
幸和義肢研究所:つくば市大白硲341-1 TEL0298757672
文字サイズ|標準拡大
Technology & Heartful 技術に心をこめて。
製品とサービス
義肢/義手 義肢/義足 義肢/膝継手・足部 義肢/ソケット 義肢/ライナー 義肢/断端ケア用品 装具  
車いす シーティング・歩行器 補聴器 レンタル・他 業者向け製品
レンタル・他
要介護(要支援)の認定を受けられた方は、自己負担1割で様々な介護用品のレンタルサービスを受けることができます。お気軽にご相談ください。

介護保険が適用されるレンタル福祉用具

特殊寝台

サイドレールが取付けてあるもの、または取付可能なもので次のいずれかの機能があるもの
 ●背部または脚部の傾斜角度を調整できる機能
 ●床板の高さが無段階に調整できる機能



特殊寝台付属品

マットレス、サイドレール等で、特殊寝台と一体的に貸与されるものに限る



体位変換器

空気パット等を体の下に挿入することにより、居宅要介護者の体位を容易に変換できるものに限り、体位の保持のみを目的とするものは除く



移動用リフト(吊り具を除く)

床走行式、固定式または据置式で、かつ身体をつり上げまたは体重を支える機能を有するもの。
その構造によって、自力での移動が困難な者の寝台と車いすとの間等の移動を補助する機能を有するもの。(取り付けに住宅改修を伴うものは除く)



痴呆症老人徘徊感知機器

痴呆性老人が屋外へ出ようとしたとき、センサーにより感知、家族および隣人へ通報するもの



車いす

次のいずれかに限る
 ●自走式標準型車いす
 ●普通型電動車いす
 ●介助用標準型車いす



車いす付属品

クッション、電動補助装置で、車いすと一体的に貸与されるものに限る



スロープ

段差解消のためのものであって、取り付けに際し工事を伴わないものに限る



手摺り

取り付けに際して工事を伴わないものに限る



松葉杖、カナディアンクラッチ、ロフストランドクラッチまたは多点杖に限る



歩行器

次のいずれかに該当するものに限る
 ●二輪、三輪、四輪のものにあっては、体の前および左右を囲む把手等を有するもの
 ●四輪を有するものにあっては、上肢で保持して移動させることが可能なもの



住宅改修

介護保険利用の住宅改修とその流れ

認定ランクにかかわらず、1人あたり20万円のサービスが受けられます(自己負担1割)
 ●支給限度額は20万円
 ●支給限度額の管理期間は無し
 (ただし、要介護状態が著しく高くなった場合及び転居した場合は再度利用が可能)

※介護予防住宅改修・住宅改修のサービスを利用される場合は、必ずケアマネージャーと相談し、各区市町村の窓口でサービス内容を確認してからご利用ください。

全体の流れを把握し、効率良く的確な相談をしましょう。


お問い合わせ
打ち合わせ・現場調査
設計図面作成・お見積作製
お客様のご検討
ご承認・ご契約
施工
お引渡し
アフターサービス



現状の問題点をチェック

既存住宅には段差が多く、安全面や快適な生活のために様々な問題があります。浴室やトイレに手すりがない場合も多く、階段等の手すりも身体状況に適していないというケースもあります。その他にも滑りやすい床など気をつけなければならない点があります。福祉用具の利用だけでなく住まいの問題を見直し、住宅改修の目安にしてください。



ちょっとした改修で今よりずっと安心・安全な生活を実現
1.玄関ポーチ・外回り

安全な外出のため、道路までの動線整備が必要です。
車いすをご利用の場合:通路が敷石や砂利敷の場合は舗装が必要になります。
ポーチの段差には緩やかなスロープを設置
手すりの設置:歩行能力に応じ手すりを設置します。同時に路面の整備も検討します。またポーチが滑りやすい場合は防滑仕様の床材を貼るなどの対策も必要です。

2.玄関・階段・廊下

生活動線に合わせ踏み台や手すりを設置します。
玄関の段差解消と手すりの設置:
玄関の上がり框が高すぎる場合は、踏み台を設置して段差を緩和します。踏み台をネジ等で建物に固定することで、介護保険の住宅改修サービス適応となります。
手すりは利用者の身体状況や生活動線にあわせ必要な部分のみ設置します。不要な部分に設置すると、通路の有効幅が狭くなったり、せっかく設置したのに全く使わない結果となります。

3.部屋の出入口

部屋の出入口にも様々な問題があります。
ドアの開閉が困難な場合:ある程度姿勢保持ができ、自立歩行ができるときは出入口付近にタテ手すりを設置します。
歩行器や車いすなどを使用する場合:姿勢保持が困難で歩行器や車いすを使用される場合はドアを引戸に交換します。引戸と同様の扱いでアコーディオンカーテン、シャワーカーテン、中折れ戸などは介護保険の住宅改修サービス適応となります。
出入口の幅が狭い場合:車いすが無理なく通過できる幅を確保するため、引き違い戸を3枚引戸にする方法もあります。
ドアノブの形状:ドアノブはレバーハンドルに交換すると握りやすくなります。
出入口の段差解消:車いすやシャワーキャリー(入浴用いす)などを無理なく利用するためには3ミリを超える段差にならないようスロープ設置などで対応します。

4.トイレ

立ち座りがたいへんな和式便器を洋式に取り替えましょう。
住宅改修と福祉用具の活用:住宅改修による洋式便器への取り替えは配管や解体、補修など付帯工事の費用が発生します。一方、便器にかぶせるだけで工事の必要ない福祉用具の利用でも改善可能な場合があります。ケアマネージャーや福祉用具専門相談員などを交えどちらがよいのか検討しましょう。
家屋の状況や身体状況、介護状況によっては手すり設置、トイレの広さ等の改修が必要な場合もあります。

5.浴室

段差、ドア、手すり、浴槽の大きさなどを検討します。
住宅改修と福祉用具の活用:浴室の段差解消、ドアの取り替え、手すり設置をはじめ浴槽の交換、水栓金具交換、転倒防止の床材変更などが考えられます。ただし浴槽交換や工事を伴う床上げなどは付帯工事の費用が発生しますので工務店など専門家を交えた検討が必要です。
入浴動作や介護状況に応じ福祉用具の併用も検討しましょう。
段差の問題は軽量化された樹脂製スノコで解消するケースもあります。



住宅改修をともなう福祉用具
階段昇降機

ボタン操作で階段を昇り降りします。
行イスに座ったまま階段を昇り降りできる斜行式リフトです。事前に設置が可能かどうかなど専門家に相談が必要です。また保守・点検などの費用も見込んでおく必要があります。

天井走行リフト

寝室から各部屋への移動が簡単にできます。
走行用レールを取り付けるので天井裏の補強工事などが必要。またリフトの移動距離を短くするため、居室、トイレ、浴室の配置を替えるなど場合によっては様々な改修が必要になります。



業者向け製品
関連コンテンツ
助成制度のご案内
介護・福祉用品のご相談

福祉・介護用品INDEX
義肢/義手
装飾用義手能動義手筋電義手
義肢/義足
最新型義足股義足大腿義足膝義足下腿義足果義足足根中足義足
膝継手足部
ソケット
ライナー
断端ケア用品
装具
上肢装具体幹装具下肢装具足底装具仙腸ベルト
靴
コンフォートシューズ外反母趾・リウマチ用靴リハビリシューズオーバーシューズGGソールヒールクリップ
靴カラーコーディネイトシステム
杖
T字杖松葉杖ロフストランドクラッチ
車いす
こども用車いす成人用/高齢者用車いす
シーティング・歩行器
シーティング各種歩行器
補聴器
最新型補聴器耳あな式補聴器耳かけ形補聴器ポケット形補聴器
レンタル・他
介護保険適用レンタル用具住宅改修
業者向け製品
パイプホルダー体幹用パイプホルダー陽性モデルホルダー平面型パイプホルダーニーハンガーフットハンガーAPMLゲージ(開発中)

▲このページのトップに戻る
Copyright © 2009 kowagishi Labolatory Co.,Ltd. All rights reserved.